• ホーム
  • プリリジーに含まれる抑制剤で恥を克服しよう

プリリジーに含まれる抑制剤で恥を克服しよう

早漏は恥と感じている男性は多いですが、ほとんどの方は具体的な対策を知りません。
オナニーをしてからSEXをするという対策もありますが、意外と失敗することも多いものです。
SEXに直前にオナニーをした場合、SEXで射精できずに終わってしまうこともあるでしょう。
SEXのかなり前からオナニーをしておいた場合は、SEXで早漏れしてしまうこともあるなど、オナニーだけで調整していくのは簡単ではありません。
そこで早漏の抑制剤として有名なプリリジーをおすすめします。
プリリジーにはダポキセチンが含まれており、脳内の興奮の抑制剤として作用します。
そもそも早漏とは亀頭が敏感で発症するものですが、その快感はペニスではなく脳で感じているものです。
つまりは脳の興奮を減退していけば、早漏を防ぐことができるのです。
ペニスに直接クリームを塗るなどの方法もありますが、ペニスが鈍感になります。
快感が弱くなるだけでなく、女性もヒリヒリ感を覚えて不快という方も多いのです。
プリリジーは経口薬なので、ペニスに直接塗布するタイプと比べて感度を損ないません。
持続時間は2~3倍に延びると言われているので、早漏れが恥という方はぜひ試してみましょう。
長く持続させることができれば、SEXも好きになっていくことでしょう。
早漏を克服することは、女性にとっても多大なメリットがあるのです。
女性がSEXで男性に求める条件は、十分な硬さと持続力なのです。
持続力に関しては興奮抑制剤のプリリジーで克服できますし、硬さが足りない場合はED治療薬が役立ちます。
最近は早漏治療薬に加えてED治療薬を配合した薬も登場しており、個人輸入で販売しています。

関連記事