お知らせ
    黄色の錠剤と瓶

    プリリジーは世界初の飲む早漏防止薬として発売され、ヨーロッパを中心にして世界各国で処方されている飲み薬です。
    性行為の前に経口投与することで、射精までの時間が長くなり、性行為による満足感が向上します。
    元々は抗うつ剤として開発されていた薬ですが、副作用によって射精までの時間が長くなったことで転用されたSSRIとなっています。
    脳内物質のセロトニンの量を調整して精神を安定させる働きがあり、性行為に対する緊張や興奮といったものを静めることで射精をコントロールできるようにするものです。
    世界各国で認可され、実際に販売、流通していますが、審査基準が厳しいとされる日本ではいまだ認可を受けていないことから安全かどうか不安な人も多いようです。
    そもそもSSRIは、脳内の中枢神経に作用するため、眠気や吐き気と共に様々な副作用を引き起こす危険性があります。
    しかし、副作用のリスクは正しく使用しなかった場合であり、医師の指導のもと使用していれば安全な薬でもあるのです。
    プリリジーの主成分であるダポキセチンは食事と一緒に内服可能ですが、ほかの薬との併用には注意が必要です。
    プリリジーは発売されてから何度も作用や危険性について研究され、大規模な臨床試験なども行っています。
    結果は上々のようで、射精までの時間は平均して4~5倍は長くなる、副作用はいくつか確認されていても、頻度は高くなく許容範囲内であることが報告されています。
    主な副作用は頭痛、めまい、嘔吐、下痢、不眠で1~10%未満とされます。
    すでに処方された早漏症患者は100万人を超え、症例も多いので安全性は確立されたものだと言えます。
    なぜ日本での認可がまだなのかは不明ですが、個人輸入代行業者を利用することでプリリジーは通販サイトで買えるので、早漏に悩む男性は利用してみると良いでしょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    最近の投稿
      アーカイブ